記事一覧

カルティエ公式ウェブサイトに、「STYLE BOOK」が登場

こうしたブログを書き始めてから、たくさんの時計愛好家の方にお会いする機会をいただいてきた。

みなさんが時計のどこに惹かれているか、セイコーホールディングスお話を伺っていくと、それはまったく各人各様ではあるのだけれど、とても乱暴なまとめで恐縮だが、それらはザックリと、以下のような3つに大別できる印象を受けている。

❶.機械そのものの仕組みや工夫に惹かれている。

❷.時計にまつわる様々なストーリー(歴史、作り手、デザイン、作業工程、価値など)に惹かれている。
  それによって、一部の方は時計に工芸品や芸術品的な価値観を感じている。

❸.ファッション・アイテム、コーディネート・アイテムとして、自らのライフスタイルを表現する魅力に惹かれる。
  

単に投資や資産価値目的だけで買っている方を"愛好家"とは呼び難いが、それでも多かれ少なかれ、上記❶~❸の情報に触れなければ投資もできないし、最近の時計市場で目立つ、SNS投稿することで、インフルエンサーとして評価されることに満足感を得ているユーザーの場合は、3と2の比率が高いと感じる。

つまり、この1~3の要素の組み合わせの比率で、その方のマニアックなスタイルは決まってくるような気がする。
ちなみに自分の場合は、「❶=35%、❷=55%、❸=10%」ぐらいの比率で成り立っているのではないかと思っている。


ユーザーのニーズが多様化してきているということを述べてきたが、逆の視点から、こうしたユーザーの多様性にすべて応えられるようなメゾン、つまり、1)自社で開発を行う力量があり、2)ブランドのヒストリーやコレクションにストーリー性があり、確かな技量を持つ職人が所属し、かつ、3)ファッション・ブランドとして確立したいる。

❶と❷を満たすブランドはいくつかある。❸についても宝飾部門だけであれば超一流はいくつかある。しかし、ファッション全般となると、これはとても狭き門となる。

思いつくところはまず、カルティエだ。

この度カルティエが、自らの定番コレクション、「サントス ドゥ カルティエ」、「タンク」、「パンテール ドゥ カルティエ」などのラインから、そのコーディネートを提案するページを開設した。

❶、❷、❸そのすべてをスタイリッシュに網羅している稀有のブランドが、満を持して❸の切り口からの発信を開始したわけだ。❸の要素が不足している自分としても、ちょっと注目してみたい。

以下、プレスリリースをご覧ください。


カルティエ公式ウェブサイトに、「STYLE BOOK」が登場



時を超えて永遠の人気を誇る象徴的なコレクション「トリニティ」、「LOVE」、「ジュスト アン クル」、
「クラッシュ ドゥ カルティエ」、「サントス ドゥ カルティエ」、「タンク」、「パンテール ドゥ カルティエ」、「バロン ドゥ カルティエ」。これらコレクションをメインに、カルティエピースの新たな魅力をご覧いただく「STYLE BOOK」。



日本のモデルを起用し、LUXE、COOL、CASUAL、ELEGANTの4スタイルで構成しています。

”私が私らしくいられること。自信や強さを持てること。宝物として慈しむことができること。”―この先の人生を共に歩むマスターピースの数々を自由なマインドで組み合わせ、あなただけの愉しみ方を「STYLE BOOK」を通して提案いたします。



時代を越えてなお魅力を放ち続けるカルティエ ジュエリー&ウォッチのスタイリングをお楽しみください。

コメント一覧