記事一覧

ヴァシュロン・コンスタンタン キャビノティエ新作から、レギュレーター方式の表示スタイルをもったユニークピース「レ・キャビノティエ・レギュレーター・パーペチュアルカレンダー ムーンライト・ジュエリー・サファイア」を紹介

Watches & Wonders 2021で、ヴァシュロン・コンスタンタンはレギュレーター方式の表示と、高精度ムーンフェイズやパーペチュアルカレンダーが備わり、自社製ムーブメント、キャリバー 2460 RQPで駆動する「レ・キャビノティエ」のユニークピースを発表します。ベゼルと繊細なギヨシェ彫りのダイヤルに貴石を配したこの時計は、技術を凝らした表示に時刻をエレガントに読み取るスタイルが融合。高度な技術を浮き彫りにするこのメティエ・ダール作品は、メゾンが掲げる「Classic with a Twis(t 伝統的でありながら遊び心がある)」と題した2021年のテーマの一翼を担い、伝統を称え、大胆で予想をはるかに上回る時計を発表するメゾンの一貫した姿勢と創作エネルギーを浮き彫りにします。


レギュレーター方式の表示をもった時計は、200年以上前に天文学者のために開発された精密時計を彷彿させます。このコンセプトを採用した「レ・キャビノティエ・レギュレーター・パーペチュアルカレンダー ムーンライト・ジュエリー・サファイア」は、高精度のムーンフェイズが備わるパーペチュアルカレンダーによって天文学的な要素が強調されています。そして、オート・オルロジュリーの複雑機構は、マニュファクチュールの職人たちにより際立たされます。手作業で繊細に施されたギヨシェ彫り、ダイヤモンドとサファイアがきらめき、ダイヤモンドをセットしたベゼルで縁取られ、これに呼応する目映いダイヤモンドとサファイアがダイヤルに奥行き感をもたらし、それらが代わる代わるアクセントを演じて、様々な時刻と天文表示をエレガントに演出します。

レギュレーター方式の時計の精度
「レ・キャビノティエ・レギュレーター・パーペチュアルカレンダー ムーンライト・ジュエリー・サファイア」は、レギュレーター式の表示が特徴的です。自動巻きムーブメントのキャリバー2460 RQPを搭載するこの時計は、分をセンター針で、時は12時位置のダイヤルでそれぞれ読み取ります。
このように、時刻を別々の軸の針で示す方式は、17世紀後半に遡ります。天文学者は、天空や天体の軌道を観測することで、信頼性の高い規則的な時間測定器の必要性を認識していました。時計職人たちは、彼らの要求に応えるために、基準の時計となるマスター クロックと呼ばれるレギュレーター クロックを開発しました。こうした時計の極めて高い精度は、温度変化の影響を補正するために使われたバイメタル製の振り子からもたらされました。さらに、時と秒をそれぞれ独立したダイヤルで、分針をセンターに配置することにより、彼らはレギュレーター クロックの示す時間を明瞭かつ正確に読み取ることができるようになりました。



この機械的な発明は、懐中時計、それに続いて腕時計が出現しても忘れ去られることはなく、レギュレーターならではの独創性や極めて高い視認性が好まれました。「レ・キャビノティエ・レギュレーター・パーペチュアルカレンダームーンライト・ジュエリー・サファイア」もそのレイアウトを反映しながら、レギュレータークロックの起源が天体観測にあったことに敬意を表して、精密なムーンフェイズが備わるパーペチュアルカレンダーによってダイヤルをさらに強調しました。ただし、通常はスモールセコンドに用いられる6時位置のダイヤルは日付とムーンフェイズの表示に充てられています。

コメント一覧