記事一覧

2021新作 シチズン アテッサから⽉の淡い光と暗闇を表現する、民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」とのコラボレーションモデルが登場


シチズン時計株式会社が、最先端技術を搭載し、グローバルに活躍するビジネスマンをサポートする『CITIZEN ATTESA(シチズン アテッサ)』と、コーポレートパートナー契約を結ぶ株式会社ispaceの民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」とのコラボレーション2モデルを2021年7月8日に発売します。

「HAKUTO-R」は、「月面着陸」と「月面探査」の2つのミッションを行う民間月面探査プログラムで、シチズンはランダー(月着陸船)の着陸脚パーツにスーパーチタニウムを提供する予定です。シチズンのチタニウム技術を牽引する『ブライトリング 時計』から、「HAKUTO-R」とのコラボレーションモデルが登場します。月の淡い光と暗闇をそれぞれ「デュラテクト MRKゴールド」と「デュラテクト DLC」で表現しています。



「月の淡い光」を表現するCC4016-75Eはケースとバンドの一部に、上品なゴールドカラーで、打ちキズに強い「デュラテクト MRKゴールド」を採用。ベゼルやバンドの一部に施した「デュラテクト DLC」の艶やかなブラックカラーとの美しいコントラストで月の陰影を表現しています。6時位置のサブダイヤルに白蝶貝を用いることで、繊細に変化する光を「陰影の移ろい」に見立てています。裏ぶたには、「HAKUTO-R」のランダーが月面に着陸したイメージをプリントしたコラボレーションモデルならではのデザインです。エコ・ドライブGPS衛星電波時計の最上位ムーブメント F950を搭載し、時刻情報のみの受信では、世界最速レベルの「最短3秒」で受信、メインタイムの時針と分針を従来の2倍の速さで動かし時刻を表示します。さらに、ダブルダイレクトフライト や1/20秒クロノグラフ機能なども備えたフルスペックモデルです。



「月の暗闇」を表現するAT8185-71Eは、ケースとバンドに艶やかなブラックカラーが美しく、すりキズや小キズに強い「デュラテクト DLC」で処理したスーパーチタニウム™を使っています。月面を表現した立体的で奥行きのある文字板に、白蝶貝を黒色で裏打ちした6時位置のサブダイヤルを備え、文字板外周部にラメを施すことで、宇宙空間に輝く星々がデザインされています。ゴールドカラーの針や、ベゼルとりゅうずに差した色で暗闇に差し込む光が表現されています。裏ぶたに「HAKUTO-R」のロゴが刻印されています。エコ・ドライブ電波時計で、ワールドタイムを備えています。

コメント一覧