記事一覧

今年最後の55周年記念特別モデル発表

これら以外にもニュースなどを含めて振り返ってみると、復刻版モデルは多く、今年は特にダイバーズモデルの復刻版、あるいはその現代解釈版の発表が多かったように思う。

これら復刻版の中で特に私が一番感心したのは、2017年のSBDX019(ニュースはこちらのページの下の方にある)である。1965年の国産初ダイバーの比較的忠実な復刻版である(52周年という中途半端な年になぜあんなにオリジナルに忠実な素晴らしいものを?)。中古市場では発売時定価の2倍近くの値が付いている。オーデマピゲ 時計修理WMOは決して、時計を投資として見ることを意図しているサイトではないが、これはセイコーとしても非常にいい意味でのサプライズだったろうし、我々にとっては改めてセイコーの時計の本来の価値を再認識する機会となった。あっという間に売り切れて買い損ねた人も多数いたのではないだろうか。やはり、オリジナルに近ければ近いほど人々は飛びつく、ということが復刻版への答なのだろう。

今回発表の新モデルの中には、そんな人たちが興味を持ちそうな、「おっ」と言わせるようなものもあり、非常に充実している。SBDX019を発表した2017年に比べれば、セイコーを取り巻く世界も変わり、値段も変わってしまったが・・・。

では、まずは、プレスリリースというか、今般用意された特別ページを見て、セイコーのダイバーズの歴史や新モデルの特徴を追っていこう。



セイコーオリジナルのピラミッド状のパターンがユニークな強化シリコン製ストラップを採用。偉大な冒険者達の不屈のスピリットを感じることのできる魅力的な意匠の一つです。
一方で、ケースには世界最高レベルの耐食性能と美しさを兼ね備えた「エバーブリリアントスチール」を、搭載するムーブメントには、雫石高級時計工房において製造されているメカニカルキャリバー「8L35」を採用するなど、現代の高級機にふさわしい美観と耐久性を与えています。
荒々しい氷山の浮かぶ南極海の情景を精緻なヘアライン仕上げのケースと深いマリンブルーのダイヤルで表現しています。



名作映画『男はつらいよ』シリーズから着想を得たビームスジャパン限定モデルも登場。
セイコーダイバーズウオッチと『男はつらいよ』の主人公・寅さんの間には縁があり、第一作をはじめとした初期の作品において、寅さんが「1965 メカニカルダイバーズ」を着用していたことから、映画公開から半世紀を経て、ビームス ジャパンとのコラボレーションにより、再び共演を果たしました。

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー